レーザー機器

ホーム

レーザー機器

様々な機器を駆使して
負担の少ない手術を行います

眼科治療も先進化・高度化が進む中、様々なレーザー機器を使って、
日帰りで眼疾患を治療することが可能になっています。
当院では県内でもいち早く、最新のレーザー機器を揃え最先端のレーザー眼科手術を行っています。

1.

フェムトセカンドレーザー白内障手術装置 LenSx®(アルコン)

2.

パターンスキャニングレーザー トプコン PASCAL

糖尿病網膜症や網膜裂孔、眼底出血などの治療には最新のパターンスキャニングレーザーを導入しています。これまでのレーザー装置に比べて、正確に短時間で痛みなく光凝固治療を行うことができます。

パターンスキャニングレーザー トプコン PASCAL

3.

後発白内障治療用レーザー エレックス Ultra Q Reflex™ YAGレーザー

白内障術後の視力低下の原因になる後嚢(こうのう・水晶体の中の薄い膜)混濁の除去や、緑内障発作の治療に使用します。また飛蚊症のレーザー治療であるビトレオライシスにも対応しています。

詳しくはこちら

4.

エキシマレーザー ニデックEC-5000CXⅢ

エキシマレーザーは角膜を1ミクロン単位で精密に削ることができます。これを使用して近視、乱視、遠視などの屈折異常を治療します。当院のエキシマレーザーはカスタムレーシックに対応しており、近視だけではなくメガネなどでは矯正できない不正乱視の治療や、アベリノ角膜変性などの角膜混濁を切除することができます。
また、レーシックのフラップ作成は、フェムトセカンドレーザーLenSx®を用います。

フェムトセカンドレーザーの詳細はこちら

5.

緑内障治療用レーザー ルミナスSelecta

眼の房水の排出路である線維柱帯の流出抵抗を軽減して緑内障を治療する選択的レーザー線維柱帯形成術(SLT)専用のレーザー装置です。

6.

マルチカラーレーザー ルミナス マルチカラーレーザー光凝固装置

きめ細かくレーザー波長を選択して眼底疾患を治療することができます。

レーザー手術をご希望の方

089-941-4838